ロッドを巻き薬液を塗布していきます。(スタイルに合わせて薬液を選択します。)

毛髪内部の物質(コルテックス)をエアウェーブによって温度と水分量をコントロールしながら移動させます。

髪の水分を吸引する為にチューブを繋ぎます。

温度と水分量をコントロールしてcmc(細胞膜複合体) を硬化させ髪内部の物質(コルテックス)をストレスのない 位置に記憶させます。これをガラス化と言います。

クーリングして2液を塗布しカールを固定させます。 その後、プレーンリンスしてドライします。

エアウェーブは、髪に与える温度を55℃以下に抑えてウェーブを形成するので、たんぱく質の変性が起きない為、低ダメージで繰り返しかける事ができます。

エアウェーブは毛髪内部のたんぱく質を自然な状態でしっかり形状記憶するので、通常のパーマの1.5倍から2倍保つというデータがでています。

大丈夫です。エアウェーブは髪の表面のキューティクルを整えながらかけるので、パサつきのない美しいツヤ感がでます。仕上がりは、トリートメントをしたようなサラサラな感じですよ。

エアウェーブは乾くとしっかりウェーブがでるのでボリューム感がでてまとまりが良くなります。髪も柔らかい感じでスタイリングは簡単ですよ。くるくる巻き髪やルーズなウェーブなど乾かし方によっても仕上がりが変わっていろいろアレンジが出来て面白いですよ。

※当店で最善の施術を行いますが、髪の状態や髪質によっては施術が行えない場合がございます事をご理解下さいませ。